CLANE WEB

11月2日から6日まで行われていた陶芸家 青木良太さんの陶展。こだわりのつまった作品をご紹介。

LIFE STYLE

11月2日から6日まで行われていた陶芸家 青木良太さんの陶展。こだわりのつまった作品をご紹介。

先日行われた陶芸家 青木良太さんの陶展をご紹介。
11月2日から6日まで行われていた青木良太さんの陶展。青木さんの拘りがつまった作品はどれも素敵なものばかり。ほんの一部ですが、ご紹介させていただきます。

現在中国にもアトリエを持つ青木良太さん

1978年富山県生まれ。岐阜県土岐市のスタジオで制作を行う。
年間約15,000種類の釉薬の研究を通じて、金、銀、プラチナ等、陶芸では通常扱うことのない素材を使用し、誰も見たことのない美しい作品を生み出し続けている。国内外で年間開催される多数の個展を中心に現代美術のアートフェアにも参加し、他分野とのコラボレーションも行うなど、陶芸の魅力を世界に伝えている。陶芸家を志す学生や若手陶芸家を集めた交流イベント『夏のイケヤン★』等、陶芸界の活性化となる様々な活動やアプローチを積極的に行っている。

様々な種類の作品

中には日本初公開のものも。世界の陶芸の聖地と呼ばれる中国の“景徳鎮”にアトリエを構え、制作したそうです。
日本とは違う窯の焼き方だったり日本では手に入らない材料があったりと、日本にはない新鮮なお皿や器が置いてありました。

青木さんの作るローズレッド

青木さん独特の色味。他にはなかなかない鮮やかなローズレッド。
さまざまな大きさのマグカップをそろえたくなる。
普段の食卓が一気に明るくなりそう。

神様シリーズ

スワロフスキーを一つ一つ並べ、世界で一つしかない特殊な窯で焼くことにより、神々しく光り輝く。見た目のインパクトだけではなく、一粒を40kgのチカラで引っ張っても取れないという実用性も兼ね備えている。



いかがでしたか?この他にも青木さんの拘りのつまった作品がHPで見ることができます。また、公式のオンラインショップにて購入も可能ですので、ぜひ一度ご覧ください。

陶芸家・青木良太のオフィシャル・ウェブサイト

陶芸家・青木良太公式通販サイト RYOTA AOKI POTTERY

YOU MAY ALSO LIKE...

TOPへ